Imagine Create Express

Adobe Illustrator講座

#04【Adobe Illustrator初心者講座】ベクターデータとラスターデータを理解する【イラレ】【フォトショ】

 

Contents

ベクターデータとラスターデータの特徴や違い

画像データの世界には、主に「ベクターデータ」と「ラスターデータ」という二つの主要な形式があります。これらはそれぞれ異なる特性を持ち、用途や利用シーンに応じて使い分けられます。この記事では、ベクターデータとラスターデータの特徴や違いを画像付きで紹介します。

ベクターデータとは?

ベクターデータは、点、線、ポリゴンなどの数学的な形状を基に表現されるデータ形式です。ベクター形式は、主にイラストやロゴ、地図などに使用されます。

特徴

  1. 拡大・縮小に強い: ベクターデータは数学的な計算によって描かれるため、どれだけ拡大しても画質が劣化しません。これは、イラストやロゴなどのデザインに適しています。
  2. 軽量: ベクターデータは複雑な画像でもデータ量が少ないため、ファイルサイズが小さくなります。
  3. 編集が容易: 個々の点や線を簡単に編集できるため、変更や修正が容易です。

使用例

  • イラストやロゴ: Adobe Illustratorなどで作成されるベクターデータは、印刷物やデジタルメディアで広く使用されます。
  • 地図: GIS(地理情報システム)で使用される地図データもベクター形式で提供されます。

ラスターデータとは?

ラスターデータは、ピクセルと呼ばれる小さな点の集合によって構成される画像データ形式です。デジタル写真やスキャン画像など、実世界の画像を表現するのに適しています。

特徴

  1. リアルな表現: ラスターデータはピクセルごとに色情報を持っているため、写真やスキャン画像などの詳細でリアルな表現が可能です。
  2. 解像度依存: 拡大するとピクセルが見えやすくなり、画像がぼやけたり荒くなったりします。高解像度の画像はファイルサイズが大きくなります。
  3. 編集には専用ソフトが必要: ピクセル単位での編集が必要なため、Adobe Photoshopなどの専用ソフトが求められます。

使用例

  • デジタル写真: カメラで撮影された写真はラスターデータです。これらはJPEGやPNG形式で保存されます。
  • ウェブグラフィック: バナー画像やアイコンなど、多くのウェブグラフィックもラスターデータで作成されます。

ベクターデータとラスターデータの違い

特徴 ベクターデータ ラスターデータ
構造 点、線、ポリゴンの集合 ピクセルの集合
拡大・縮小 品質を保つ 品質が低下
ファイルサイズ 小さい 大きい(高解像度の場合)
編集の容易さ 容易 専用ソフトが必要
主な使用例 イラスト、ロゴ、地図 写真、ウェブグラフィック

まとめ

ベクターデータとラスターデータは、それぞれ異なる特徴を持ち、用途に応じて使い分けることが重要です。ベクターデータは拡大・縮小に強く、デザインや地図に適しています。一方、ラスターデータはリアルな画像表現が可能で、写真や詳細なグラフィックに適しています。用途に応じて適切な形式を選び、効果的なデザインや画像表現を行いましょう。

 

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP