Imagine Create Express

Adobe Illustrator講座

#08【Adobe Illustrator初心者講座】絶対身につけて欲しい!フォントと文字組みの基礎知識【イラレ】【フォトショ】

 

フォント: フォントは、文字を表示するためのスタイルやデザインのセットです。フォントには、様々なスタイルや特徴があります。例えば、Serifフォントには装飾的な末尾があり、読みやすいとされる一方、Sans-serifフォントは装飾がなく、モダンでクリーンな印象を与えます。他にも、スクリプトフォントやモノスペースフォントなど、用途やデザインに応じて様々なフォントがあります。

文字組み: 文字組みは、テキストを配置する方法やスタイルのことです。良い文字組みは、テキストを読みやすく、魅力的に見せるために重要です。文字組みの基本的な考え方には、以下のようなものがあります。

  1. 行間(レーディング): テキスト行とテキスト行の間のスペースのことです。適切な行間を設定することで、テキストが読みやすくなります。
  2. 文字間(カーニング): 文字間は、1文字と次の文字の間のスペースのことです。文字間が適切に調整されていると、テキストが読みやすくなります。
  3. 段落スタイル: 段落の開始や終了を示すために、適切なインデントや間隔を設定します。また、見出しや本文のフォントサイズや太字、斜体などのスタイルも重要です。
  4. 行長: 1行に収める文字数のことで、適切な行長を設定することで、読みやすさが向上します。

これらの要素をバランスよく組み合わせることで、読み手にとって快適な読書体験を提供することができます。フォントと文字組みの両方を注意深く考慮することで、美しいレイアウトのテキストを作成することができます。

 

Adobe Illustratorは様々なフォントをインストールしてテキストデータやオブジェクトとして編集することが出来ます。簡単にロゴを作ることも出来るようになるので是非覚えて下さい。

 

まずは必要なフォントデータをインストールしていきましょう。

 

 

Adobe Fontsについて

Adobe Creative Cloudを使用するとAdobe Fontsという2万種類以上のフォントを無料で使えるサービスが利用できます。

デザイナーの申 晴さんがAdobe Fontsのおすすめフォントを紹介して下さっているので是非ご覧下さい。

 

 

私のインストールしているフォント一覧のスクリーンショットも添付しておきます。フォントは簡単にインストールすることが出来ますので気になったフォントはインストールしておきましょう。

 

 

 

Adobe Fontsでインストールしておきたいフォント8選

DIN 2014

Nimbus Suns

※後日ピックアップ

 

 

dafontについて
海外の無料フォントを検索できるdafontというサービスを使いましょう。ただし注意点があり、フォントは無料でインストール出来ますが、商用フリーではなく、ライセンス制限があるフォントが多数あります。そこで、商用利用100%フリーのパブリックドメインのフォントを探しインストールしておくことをお勧めします。フォントのインストールはいざデザインの仕事を始めてからでもその都度その都度探しインストールしていくでも問題ありません。

 

100%freeのフォントの探し方

 

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP